作者別: webmaster

長期の宿泊にはマンスリーマンションがおすすめ

長期の宿泊をする際におすすめしたいのがマンスリーマンションです。

マンスリーマンションをおすすめする一番の理由は、手ぶらで入居することが出来るということです。
マンスリーマンションには、電子レンジや洗濯機、テレビをはじめとする生活に必要な家電製品が一通り揃っているので、入居したその日から不自由を感じることなく過ごすことが出来ます。

マンスリーマンションの中にはこうした家電製品の他にも、ソファーやベッドなどの家具なども揃えられている物件も少なくはないので、文字通り身一つで入居することが出来ます。

また、最近はマンスリーマンション口コミサイトも多く、全国ほぼすべてのマンスリー物件がネット上でわかります。

マンスリーマンションは一般的な賃貸物件と違い、連帯保証人を必要としないので、誰でも気軽に利用することが出来ます。

そして、敷金や権利金といった家賃とは別に必要となる費用も発生しないので、初期費用に関してもそれほど心配する必要はありません。
このようにマンスリーマンションには便利で魅力的な部分がありますので、長期の宿泊にはマンスリーマンションの利用をおすすめします。

地方と都市の格差を埋める上で不可欠なウィークリーマンション

私が育った村には学習塾や高校が1校もなく、進学する場合は下宿生活を送るしか術はなく、都市部と比べると教育格差や医療格差は深刻です。

進学のための模擬試験や風邪をひいた時の受診さえも、朝に出かけ帰りは夜になります。模試や受診だけなら1日で済みますが、学習塾での夏期講習や入院患者の看護になると毎日通うことは困難なため、私の村ではウィークリーマンションを利用するのが一般的になっています。

ウィークリーマンションは、学習塾や病院が充実した都市部にあるため、電車やバスに乗るのが苦手な町民もウィークリーマンションからは徒歩で病院等へ通うことが出来ます。

賃貸物件を借りる場合には、保証人や審査を受けるなど手間と時間を有することが多いですが、ウィークリーマンションの場合はホテルに宿泊するように簡素な手続きだけで住むため煩わしさを感じません。

ウィークリーマンションには、入居したその日から通常な生活が送れるほど設備が整っているため、余計な出費を抑えることが出来ます。

学習塾に近ければ学生、病院に近ければ患者家族が多く、ウィークリーマンションが縁で親しくなることは珍しくありません。

村民の間で流行っているウィークリーマンション

私が育った村には中学校までしかなく、高校からは下宿生活をしなくてはならない過疎な地域でした。

村内に学習塾はなく、村でも裕福な家庭の子供は、中学校から私立校に通うため母子ともに都市部へ引越し、父親だけが村に残っていました。実家が裕福でない子供は、学校の先生が授業後に勉強をサポート、夏休みには大学へ進学した卒業生がチューターとしてサポートするのが村の習慣でした。

高校受験を控えた私は進学校を目指しており、先生などの勧めがあって都市部にある大手学習塾で夏期講習を受けることになりました。

都市部に知り合いがいない私は格安ホテルを当初探していましたが、夏期講習の時期は受験生が押さえてしまうためどこのホテルも満員、困り果てた時に目にしたのがウィークリーマンションでした。

私の村では4階建ての学校が唯一の高層建物でマンションは一件もありませんが、テレビコマーシャルでウィークリーマンションの存在は知っていたため、ダメ元で問い合わせてみると一部屋だけ空いており即決しました

。ウィークリーマンションの外観は普通のマンションと同じ、玄関にはホテルと同じで受付があり、田舎者の両親は持参した土産を受付のおじさんに渡していました。受付で手続きを終えると部屋の鍵を渡され、空いていた部屋は受付と同じ1階、両親と中学生の私は受付が近いことに安堵しました。

部屋の装備は我が家と変わらず、近所には24時間営業のコンビニがありました。その日の夜に両親は帰宅、1人残った私はテレビのコンセントを抜いて勉強、翌日からは夏期講習を受けるため徒歩で学習塾に通いました。

昼食は学習塾で、夕食と朝食は失火を恐れ近くのコンビニで済ましていました。

受付のおじさんの話では他にも数人ウィークリーマンションを利用している受験生がいましたが、顔を合わせても会釈程度、他の利用者も同じでした。

携帯電話もスマホもない時代であったため、実家からの連絡は受付のおじさんを通して、週末に両親が訪れる時には世話になっているおじさんに手土産を持参していました。

中学三年生の夏をウィークリーマンションで過ごした私は、翌年に第一志望の高校に合格、報告がてらおじさんを尋ねると笑顔で迎えてくれました。

お礼を済ませ、4月からは近くで下宿するから宜しくお願いしますと言うと、「4月からマンションを借りられたから僕はいないよ」と言われました。

受付のおじさんは、ウィークリーマンションの社員さんではなく、マンションが見つかるまでの臨時アルバイトでした。高校では下宿生活のためウィークリーマンションを利用することはありませんでしたが、私の村では夏季には学生が夏期講習の為に、農業閑散期にはスーパー銭湯や病院へ通うためにウィークリーマンションを利用することが流行っています。

ビジネスホテルよりもお得なマンスリーマンション

自分の好きな家に住む事で高い制先生や安全で快適な毎日を送っていく事を考える方も最近では大変多いのです。

自分らしい毎日の中で快適な住環境で素敵な毎日を愉しんでいく事は大変重要な意味を持つのです。マンスリーマンションをフルに活用する事で安心して素敵な毎日を送っていく事ができます。

普段の生活の中でマンスリーマンションをフル活用する事はビジネスホテルを使うよりも大変効果的な毎日を送っていく上でも安価で快適な滞在をする事が可能となるのです。

やはりマンスリーマンションは多くの方が自分らしく住んでいくにはベストな建物となります。ホテルのアメニティでは長期滞在が難しいような場合でもマンスリーマンションを上手く使っていく事でより便利で快適な滞在を自分で行っていく事ができます。

普段の自分らしい人生の中でいかにして快適なビジネス環境を自分で考えて作っていけるかどうかでビジネスの成功や失敗は大きく変化するのです。

3か月の転勤のため、マンスリーマンションを利用。

か月の短期転勤のため、レオパレスのマンスリーマンションを借りました。家具・家電付きのため、必要なものは布団くらいでした。
壁が薄い、という噂がありましたが、両隣とも、生活時間帯が私と同じような会社員の方でしたが、音は全く気になりませんでした。ものすごくうるさい方でなければ、問題はありません。
レオネットというインターネットサービスがオプションで選べて、映画なども有料で見れますが、ポケットWi-Fiがあるので申し込みませんでした。
借りる時の料金は、手数料と前家賃、保険くらいしかかからず、とても安いです。でも、退去する時に、清掃料などがかかり、設備チェックもかなり細かくされました。タバコを吸う方などは、壁の色など、おそらく原状復帰のための費用が上乗せされると思います。
レオパレスは、何といっても、物件数がとても多いのと、建物のバリエーション、価格バリエーションがとても広いのが良いです。
j実際口コミでも評判がよく(マンスリーマンション24時)、実際、私の借りていた駅(大阪から電車で約10程の駅)でも、5棟くらいありました。
通常のマンションを借りるよりも、家具家電付きということもあり、少し家賃は上がりますが、利便性を言えば、その価値は十分あると思いました。

Hello world!

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !