地方と都市の格差を埋める上で不可欠なウィークリーマンション

私が育った村には学習塾や高校が1校もなく、進学する場合は下宿生活を送るしか術はなく、都市部と比べると教育格差や医療格差は深刻です。

進学のための模擬試験や風邪をひいた時の受診さえも、朝に出かけ帰りは夜になります。模試や受診だけなら1日で済みますが、学習塾での夏期講習や入院患者の看護になると毎日通うことは困難なため、私の村ではウィークリーマンションを利用するのが一般的になっています。

ウィークリーマンションは、学習塾や病院が充実した都市部にあるため、電車やバスに乗るのが苦手な町民もウィークリーマンションからは徒歩で病院等へ通うことが出来ます。

賃貸物件を借りる場合には、保証人や審査を受けるなど手間と時間を有することが多いですが、ウィークリーマンションの場合はホテルに宿泊するように簡素な手続きだけで住むため煩わしさを感じません。

ウィークリーマンションには、入居したその日から通常な生活が送れるほど設備が整っているため、余計な出費を抑えることが出来ます。

学習塾に近ければ学生、病院に近ければ患者家族が多く、ウィークリーマンションが縁で親しくなることは珍しくありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です